gravkeeper’s diary

気ままに語るブログ。

マドルチェ-2018/11/4浦のほCS

こんにちは。モッフルです。

11/4の浦のほcsでマドルチェを使ったのでそれについて書きたいと思います。
基本的にカードの効果は知っている前提で書きます。裁定はwikiの類似効果の裁定や当日のジャッジの判断を基本としているので、変わる可能性があることをご承知下さい。

・当日のレシピ
メイン
f:id:gravkeeper:20181105174720j:plain

サイド
f:id:gravkeeper:20181105174727j:plain

トークンがラー玉×2神宣×2
弾圧が勅命です。

テキスト版
メインデッキ:41枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚
【 モンスター 】25
ダイナレスラー・パンクラトプス ×3
マドルチェ・エンジェリー ×3
マドルチェ・プティンセスール ×3
マドルチェ・プディンセス
マドルチェ・ホーットケーキ ×2
マドルチェ・マジョレーヌ ×3
マドルチェ・メッセンジェラート ×2
幻創龍ファンタズメイ ×2
灰流うらら ×2
PSYフレームギア・γ ×3
PSYフレーム・ドライバー
【 魔法 】10
スケープ・ゴート ×2
ツインツイスター ×2
ハーピィの羽根帚
マドルチェ・シャトー
マドルチェ・チケット
墓穴の指名者 ×3
【 罠 】6
御前試合 ×3
無限泡影 ×3
【 エクストラ 】15
クイーンマドルチェ・ティアラミス ×2
マドルチェ・プディンセス・ショコ・ア・ラ・モード
リンク・スパイダー ×2
セキュリティ・ドラゴン
トロイメア・ケルベロス
トロイメア・フェニックス
フレッシュマドルチェ・シスタルト
ミセス・レディエント
トロイメア・ユニコーン
星杯戦士ニンギルス
ヴァレルソード・ドラゴン
ヴァレルロード・ドラゴン
鎖龍蛇-スカルデット
【サイドデッキ】15
ラーの翼神竜-球体形 ×2
不知火の宮司
幻創龍ファンタズメイ
レッド・リブート ×3
王宮の勅命
神の宣告 ×2
神の警告 ×2
虚無空間
魔封じの芳香 ×2

戦績は
恐竜サンダー 先🙅🙅
リンクドッペル 先🙆🙅ED先🙆
魔術師 後🙅🙅
影霊衣 先🙅🙆🙆
オルターガイスト 先🙅🙆🙆
閃刀先🙅🙅
のトナメ1落ちでした


1.メインデッキ
マドルチェ
 エンジェリー3
確定枠です。ホーットケーキやティアラミスのコストを用意しつつ好きなマドルチェになれるのはとても優秀で、ns出来る天使マドルチェなのでチケットにも関与できます。
 マジョレーヌ3
確定枠です。プディンセスールを経由することで「ランク4+好きなマドルチェ」を作れ、マジョレーヌ+墓地マドルチェ魔法罠からショコアラモード+ホーットケーキ+メッセンジェラート+メッセンジェラート+チケット+シャトーで9200作れます。
なにもすることが無い2.3本目とかでマジョレーヌns伏せて終わりとかします。

1本目は情報アドを渡したくないので出すかどうか悩みますが、ターン帰ってくるぐらいの妨害がある時とサーチしないとほぼ負けの時は出しました(残り手札がドライバー墓穴ツイツイ×2みたいに次モンスター引けないと結局マジョnsしないといけないみたいなとき)。

 プディンセスール3
自分の構築に誘発が少なく、素引きも強いと思ったので3にしました。ただ先攻では基本出さなかったので構築によると思います。
プディンセスールからスイートシスタルト+戦闘耐性ホーットケーキ+チケット+墓地マドルチェ2まで作れて、後続まで確保できるのですが、プディンセスールにGを貰ったときに止まれないのが致命的なので後ろある時は出さないです。

 ホーットケーキ2
One of 噛み合いカードの1つだと思います。基本エンジェリーから出しますが素引きしてるときに例えばパンクラefからnsしたりして使うこともあります。素引き強いときが後半もしくは噛み合ったときだけなので2枚。

 メッセンジェラート2
自身は展開に関わらないのでアレですが、魔法罠サーチと打点の面が強いのとホーットケーキから出すことが多いです。
デッキにいることがうまみなのでデッキにいてもらうべく複数採用してます。

 プディンセス
プディンセスールから出てきます。たまに置物処理とかで②の効果を使いますが基本ショコアラモードの②のために入れてます。プディンセスールは手札からも吐き出せるので1枚採用。

 ティアラミス
2枚目は使わなかったです。多分ショコアラモードでティアラミス戻して再利用出来るんで必要なかったかもしれないです。使った時点で割りと有利or勝ち確だったかなって感じました。

 ショコアラモード
打点増強orプディンセスで上振れの時に出ます。

 フレッシュシスタルト
プディンセスール使うとマドルチェしか出せないのでダブルティアラミスするときに使うのかなって思いましたが、すると打点が下がるのでしませんでした。
相手にターン返すときに耐性持ちとして出すことがありましたが、正直使った場面はほとんど無いです。(ぽんぽんは割りと出してたけど彼の性癖がアレ)
というかハリファイバーと同じパックとは思えない効果……


誘発
 ファンタ
ドロソかつ閃刀に強いカードですが、展開が多い九州と違って、オルターや恐竜サンダーも一定数いる関東だとリンクを出してこない相手に浮いてしまうのでメイン2サイド1にしてます。
 
 γ
Gを入れてないのデッキでは誘発の重ねうちで展開を止めることが難しいので、一番パワーの高いγをピンポイントで打ち込むことでターンを返してもらうことを考えてます。また、エンジェリーやプディンセスールの自身ssに対する誘発にγを撃てるのでそこもアリかなって思ってます。

 無限
γ、ファンタと噛み合ってませんが、誘発は一定数入れないとggされて負けるので採用。先で引いても伏せることで妨害になるのが好きです。
 
 うらら
プディンセスールに対するGに打ち込む4.5枚目の墓穴として採用してます。相手の先攻展開には(他の誘発を引けていたので)基本撃たなかったと思います。

その他
 パンクラ
書いてあること全てが強い。
 
 御前
エクストラリンク捲れる時点で神。パンクラスケゴとも噛み合います。

 スケゴ
決まれば割りとイージーウィンできてスカルデッドか後ろ割るかヴァレルかって感じです。 
 
 ラー玉
展開系見ての採用でしたが展開はガンプラーするしそれ以外には撃てないので、冷静に閃刀に強い壊獣で良かったです。

 宮司
ガンドラワンキル対策ですが守護竜貰ってからアザトート絡めて殺しにくるので関係なかったです。(アザトート絡められたら誘発だったてしても関係ないですけど)

エクストラ
 使ったのはスパイダー×2、ケルベロス、フェニックス、セキュリティ、レディエント、マドルチェです。ヴァレソ出せばワンキルってところでサレされたのと、深淵あったらよかったなあって思うシーン(シングル勝ち)がそれぞれ一回だけありました。

2.プレイング
先攻展開するわけでもないので、そんなに考えることは無いと思います。
重要なのは
「相手の妨害は何があって、自分の手札では最大何点まで出せるのか、それをすると自分の残りリソースはどうなって妨害をどこで食らうのか」
を考えながらやることだと思います。
自分が出来ることの幅をしっかり計ることも重要です。例えば
「自爆するとチケットでデッキから出せてメイン2に除去できる」とか
「ショコアラモードの②を2回使う」とか、やれることをしっかりやってアドを取っていくのがマドルチェ(というかtier2以下のデッキ)に必要なことだと思います。
環境的に言うと次点のデッキなので負けるときは負けますし勝てるときは勝てるはずです。ですが、変に色んなことが出来るようにして環境トップの劣化になるよりもマドルチェとしての強みをいかに発揮していくかが最も大事なことかもしれません。

最後になりますが、
デッキの原案をくれた
ハッピーセット @happy1120yellow さん
カード貸してくれた
してぼ @021964Daidai
チーム組んでくれた
ぽんぽん @the_rock_fields
あまよる @amayoru_0520
ありがとうございました。

何かあったらTwitter @gravkeeperか
質問箱 https://peing.net/ja/moffuru1600
までお願いします。

パラディオン前編

4/14に発売されたCYHOに新規テーマとして収録された「パラディオン」について書きます。
まず始めに知っておいて欲しいことは、
1 パラディオンが今期ではTier2以下のテーマであること
2 パラディオンがする先攻展開の結果は"基本的に"剛鬼,ABCの劣化であること
3 ただ先攻での安定感は高い
4 最新パックの新規テーマなので7月制限でテーマカードが規制される可能性が低い
5 4.と同じく7月パックで新規が期待できる
ということです。
はっきり言ってGWのCSで使うデッキとしては不適当です。長期的に握るor対策を練るために基礎知識を得る、といった感じで読んでください。

各種効果
パラディオン下級モンスターには同名ターン1でリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から守備表示でSSできる共通効果を持ってます。
f:id:gravkeeper:20180415142306p:plain
魔境のパラディオン 星3 炎属性
魔法使い族 ATK/400 DEF/2000
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から守備表示で特殊召喚できる。
②:このカードがリンクモンスターのリンク先への召喚・特殊召喚に成功した場合、自分フィールドの「パラディオン」カード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
先だと後述するクルセイドや神樹と絡めての相手ターンで妨害
後だとチェーンブロックを組まずに出てきて1:1交換します。
パラディオン内では魔境とアークロードしか盤面に触れないので貴重な除去になります。

f:id:gravkeeper:20180415142324p:plain
天穹のパラディオン 星4 光属性
サイキック族 ATK/1600 DEF/1000
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から守備表示で特殊召喚できる。
②:自分フィールドの「パラディオン」モンスター1体を対象として発動できる。このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃できず、そのモンスターが相手モンスターとの戦闘で相手に与えるダメージは倍になる。
1の効果で横に広げやすいのに2の効果で1体しか殴れないのが噛み合ってないなあと思います。

f:id:gravkeeper:20180415142419p:plain
神樹のパラディオン 星3 水属性
戦士族・チューナー ATK/800 DEF/1800
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から守備表示で特殊召喚できる。
②:自分フィールドの「パラディオン」モンスターが戦闘・効果で破壊さる場合、代わりにフィールド・墓地のこのカードを除外できる。
戦士.チューナーと恵まれてます。
最近お馴染みの
f:id:gravkeeper:20180415145850p:plain
を出したり、いろいろなことが出来ます。また2は魔境がいるので能動的にも使えて、例えば魔境効果処理時に神樹効果で1:0交換できます。

f:id:gravkeeper:20180415142436p:plain
星辰のパラディオン 星4 風属性
ドラゴン族 ATK/600 DEF/2000
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から守備表示で特殊召喚できる。
②:このカードがリンクモンスターのリンク先への召喚・特殊召喚に成功した場合、「星辰のパラディオン」以外の自分の墓地の「パラディオン」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

f:id:gravkeeper:20180415142439p:plain
百獣のパラディオン 星3 地属性
獣族 ATK/1200 DEF/1600
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに手札から守備表示で特殊召喚できる。
②:自分フィールドの「パラディオン」リンクモンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が越えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
まず先攻展開が完璧に通るとパラディオンリンクが場に残らないのがあり、まともに殴れるのがリンク共通のパンプ込みでもアークロードぐらいかなと思うので、効果を使う場面は少ないはずです。

f:id:gravkeeper:20180415142217p:plain
マギアス・パラディオン リンク1 光属性
魔法使い族・リンク ATK/100
「マギアス・パラディオン」以外の「パラディオン」モンスター1体
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク先の元々の攻撃力分アップする。
②:このカードのリンク先のモンスターは攻撃できない。
③:このカードのリンク先に効果モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。デッキから「パラディオン」モンスター1体を手札に加える。
【LINK-1:下】
めちゃくちゃ強いです。詳しくは後で書きますが、パラディオンの安定感に寄与する一枚です。

f:id:gravkeeper:20180415142628p:plain
レグレクス・パラディオン リンク2 光属性
獣族・リンク ATK/1000
「パラディオン」モンスターを含む効果モンスター2体
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク先の元々の攻撃力分アップする。
②:このカードのリンク先のモンスターは攻撃できない。
③:このカードのリンク先に効果モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。デッキから「パラディオン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
【LINK-2:上/下】
効果は強いんですけど、いかんせん魔法罠が弱すぎるので今後の新規次第な面があります。

f:id:gravkeeper:20180415142637p:plain
アークロード・パラディオン リンク3 光属性
サイバース族・リンク ATK/2000
リンクモンスターを含む効果モンスター2体以上
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの元々の攻撃力分アップする。②:このカードのリンク先のモンスターは攻撃できない。③:1ターンに1度、このカードのリンク先の自分の、「パラディオン」モンスターまたは「星遺物」モンスター1体をリリースし、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象に発動できる。そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。
多分、「こいつを出して強化していこう」というコンセプトでデザインされたテーマなのかもしれないんですけど、こいつ出しにくい上に別の出した方が強い場面が多いから使いにくいけど、パラディオンしか絡まない展開で終着点の選択肢にはなりえる一枚です。

f:id:gravkeeper:20180415142655p:plain
リユナイト・パラディオン
フィールド魔法
①:フィールドの「パラディオン」リンクモンスターの攻撃力は500アップする。
②:1ターンに1度、自分フィールドの「パラディオン」リンクモンスター1体を対象として発動できる。このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃できず、そのモンスターは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
パラディオンリンクがプルガトリオみたいになります。

f:id:gravkeeper:20180415142647p:plain
オーバード・パラディオン
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「パラディオン」モンスター1体を対象として発動できる。このターン、その「パラディオン」モンスターは自身以外のカードの効果を受けない。
5期ぐらいのカードっぽい。
f:id:gravkeeper:20180415142720p:plain
クルセイド・パラディオン
永続罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードは自分フィールドの「パラディオン」モンスターまたは「星遺物」モンスター1体をリリースして発動する事もできる。その場合、そのモンスターと元々のカード名が異なる「パラディオン」モンスターまたは「星遺物」モンスター1体を自分のデッキ・墓地から選んで特殊召喚する。
②:自分フィールドに「パラディオン」リンクモンスターが存在する限り、相手はリンクモンスターしか攻撃対象に選択できない。
デッキ.墓地から魔境を引っ張ってこれるのは強いんですけど、ほぼ使い切りなのに永続になったのでサイク系にも弱くなってしまったなあって感じです。2は例えば神樹.アークロード.クルセイドと構えた時にアークロードを盾に出来るのが強いかもしれないです。

サンプルレシピA
メイン…40枚
モンスター…17枚
3×星辰のパラディオン
3×神樹のパラディオン
3×魔境のパラディオン
1×閃刀姫―レイ
1×幽鬼うさぎ
2×灰流うらら
3×増殖するG
1×グローアップ・バルブ

魔法…17枚
3×閃刀起動―エンゲージ
1×閃刀術式―アフターバーナー
1×死者蘇生
1×増援
3×閃刀機―ホーネットビット
3×墓穴の指名者
3×ツインツイスター
1×オーバード・パラディオン
1×閃刀術式―ウィドウアンカー

罠…6枚
3×無限泡影
1×クルセイド・パラディオン
2×神の宣告

エクストラ…15枚
1×PSYフレームロード・Ω
1×HSRチャンバライダー
1×TGワンダーマジシャン
1×水晶機巧―ハリファイバー
1×アームズ・エイド
2×マギアス・パラディオン
1×レグレクス・パラディオン
1×アークロード・パラディオン
2×閃刀姫―カガリ
1×閃刀姫―シズク
1×閃刀姫―ハヤテ
1×リンクリボー
1×トロイメア・ユニコーン

パラディオン自体の展開を閃刀姫でサポートする構築で、メインのパラディオンの数を抑えて自由枠を増やした形です。

○基本展開パターン(自分のメモのコピペなので効果の順番とか適当です。ごめんなさい)
星辰+神樹
神樹nsマギアスssef魔境サーチ星辰ssef神樹回収レグレクスss神樹ssレグレクスefクルセイドサーチ→分岐
1.ハリファイバーssef神樹ss
→ハリファイバー神樹クルセイド+パラディオン(手札)
2.アークロードss魔境ss
→アークロード魔境クルセイド+墓地神樹

星辰+魔境
魔境nsマギアスssef神樹サーチ星辰ss魔境回収レグレクスss魔境ssレグレクスefクルセイドサーチアークロードss神樹ss
結果アークロード神樹クルセイド

神樹+魔境
神樹nsマギアスss魔境ssマギアスef星辰サーチレグレクスss星辰ssレグレクス星辰efクルセイドサーチ神樹回収アークロードss神樹ss
→アークロード神樹クルセイド

星辰×2
→星辰nsマギアスss星辰ssマギアスss神樹サーチレグレクスss神樹ssレグレクスefクルセイドサーチ
→レグレクスクルセイド神樹

ビット+神樹
神樹nsマギアスssビットefトークンssカガリssマギアスカガリef星辰サーチビット回収レグレクスss星辰ssレグレクス星辰efクルセイドサーチ神樹回収アークロードssビットefトークンss神樹ss
→分岐
1.リンクリボーss
→アークロードリンクリボー神樹クルセイド
2.シズクssef(墓地に無い)閃刀魔法サーチ
→アークロードシズク神樹クルセイド+閃刀魔法

ビット+魔境
魔境nsマギアスssビットefトークンssカガリssマギアスカガリef
分岐→
1.星辰サーチビット回収レグレクスssビットefトークンss星辰ssレグレクス星辰ef魔境回収クルセイドサーチアークロードss魔境ss
分岐→
A.リンクリボーss
→リンクリボーアークロード魔境クルセイド
B.シズクssシズクef(墓地に無い)閃刀魔法サーチ
→シズクアークロード魔境クルセイド+閃刀魔法

2.神樹サーチビット回収レグレクスssビットefリンク1ssレグレクスefクルセイドサーチアークロードss神樹ss
→アークロード神樹クルセイド

ビット+星辰
星辰nsマギアスssビットefトークンssカガリssマギアスカガリefビット回収神樹サーチレグレクスss
ビットefトークンss神樹ssレグレクスefクルセイドサーチハリファイバーss(トークンと神樹)ハリファイバーef神樹ss
→レグレクスハリファイバー神樹クルセイド

サンプルレシピB
トロイメア展開するタイプです。

f:id:gravkeeper:20180416143819j:plain

百獣1枚→天穹です

f:id:gravkeeper:20180416143911j:plain
ヴァレルロード→カガリです
サイドも適当です

サンプルレシピC
ドラゴン特化型と共に後日ルートなどをまとめてアップします。ごめんなさい

闇黒の呪縛

久しぶりです。モッフルです。

3/10にリメイクストラクチャーデッキ「闇黒の呪縛」が発売されます。それに収録される新規カードについて考えたいと思います。発売前に新規カードの知識を得たい人向けになると思うので、既に考えていた人には物足りないかもしれません。

基本的に既出カードの説明は省きます。また、新規カードの詳しい裁定もまだ出ていないので誤っている可能性もあります。ご了承下さい。

 新規カード

【闇黒の魔王ディアボロス】
f:id:gravkeeper:20180305184027j:image

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの闇属性モンスターがリリースされた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカードをリリースできず、効果の対象にもできない。
(3):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手は手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。

 

表紙を飾るエースモンスターです。悪魔ではないですが、そのお陰でスペック.種族.属性がかなり恵まれてます。無限ハンデスが可能なので発動制限がついてますが、2枚揃うと後続を用意しつつハンデスが可能なのでかなり強力だと思います。ただし未確定ハンデスであり情報アドも得られないかつ自ターンにハンデスした場合ドロー回収されてしまうor不要パーツ(ジェネコンなど)を戻されるので、先攻で使うには弱い場面が出てくるかもしれないです。

 

自身は闇.ドラゴン.3000/2000なので旋律霊廟誘惑渓谷とサポートが多く、流行りのヴルムトルドーとサポートを共有出来ます。ただ、自身をSSする効果の条件が特殊、かつ墓地からでも出せてデッキのこのカードに触りやすいので1~2枚の採用になりそうです。

私は

1.ディアボロスAの(3)の効果(コスト自身)

2.手札(墓地)のディアボロスBの(1)の効果

とチェーンして戦線維持しつつハンデスしたいので2枚入れたいです。

流石に自身のリリースにチェーンしてSSできたらヤバすぎるので出来ない裁定だと思います……

【闇黒世界-シャドウディストピア
f:id:gravkeeper:20180306090853j:image

フィールド魔法
(1):フィールドの表側表示モンスターは闇属性になる。
(2):1ターンに1度、自分がカードの効果を発動するために自分フィールドのモンスターをリリースする場合、自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドの闇属性モンスター1体をリリースできる。
(3):自分・相手のエンドフェイズに発動する。
このターンにこのカードが表側表示で存在する状態でリリースされたモンスターの数まで、
ターンプレイヤーのフィールドに「シャドウトークン」(悪魔族・闇・星3・攻/守1000)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。

 

盤面全部闇にする(1)、相手の闇モンスターを発動コストに出来る(2)、エンドに「このターンにリリースしたモンスター」の数だけターンプレイヤーの場にSSする(3)と3つの効果があります。

テラナイトで見たことある(1)のお陰で(2)は実質相手の好きなモンスターをリリース出来ます。

(3)について、

自ターンだと適当にリリースしつつハリファイバーを出すと相手ターンに7.8シンクロの出し分けが出来る、

相手ターンだと強制で沸いてくるので激流葬や釣り天井で一掃する、返しにプルガトリオとかの貫通持ちで殴るぐらいしか思い付きません。おそらく、

相手NS→それをリリース→相手場空でエンド

だと返しにリリース出来ないから餌を出そうみたいなコンセプトだと思います……

 

書いてあることは強いのですが、別にこれを発動してもサーチしたり墓地落とし出来るわけではないので単体では何も仕事をしないです。流石にKONAMIも学習してきたなあ。コスト版烈旋で、存在するだけで色んなことを想定させるのは強いと思います。

 

【悪王アフリマ】
f:id:gravkeeper:20180306124112j:image

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
この効果を発動するためにこのカード以外の闇属性モンスターをリリースした場合、ドローする代わりにデッキから守備力2000以上の闇属性モンスター1体を手札に加える事ができる。

 

フィールドサーチとドローorサーチです。強いことしか書いてないので3確だと思います。ダブってもサーチしてドローすればいいので悪くないかなと思います。

フィールドサーチ→アフリマNS.EF→エンドディストピア効果でモンスターを維持しながらデッキを回すことが出来ます。

【悪魔嬢リリス
f:id:gravkeeper:20180306124045j:image

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻2000/守 0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):召喚したこのカードの元々の攻撃力は1000になる。
(2):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから通常罠カード3枚を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分フィールドにセットし、残りのカードはデッキに戻す。

この効果は相手ターンでも発動できる。

 

弱体化する(1)、クレッセンみたいに通常罠をセットする(2)という効果を持っています。

(2)は同じ罠3枚選べば確定でセットですので強く見えます。ただ、無理やり3枚入れると構築が歪んだり罠を減らしたらランダムになるというジレンマがあります。

ただ後手でディストピア引けてるときに強気に出して除去出来たり使い勝手は悪くないと思うので3枚入ると思います。

【悪のデッキ破壊ウイルス】
f:id:gravkeeper:20180306125433j:image

通常罠
(1):自分フィールドの攻撃力3000以下の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターの攻撃力500につき1枚、
相手は自身の手札・デッキからカードを選んで破壊する。
このカードを発動するために攻撃力2000以上のモンスターをリリースした場合、相手ターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、その内のモンスターを全て破壊する。
また、このカードの効果で破壊され墓地へ送られているカードは、破壊されたターンには効果を発動できない。

 

色々書いてあるんですけどそんなに強くないです。が、重要なのは3000以下なら何でもリリース出来ることで、ディストピアあるときにフリチェの単体除去になるということです。

正直、再利用しない限り6×3=18枚しか破壊出来ず、この破壊が効いてくるほどゲームが遅いわけではないのでウイルスというより単体除去だと思ってます。

 

新規総括

全体的に統一感があり、今期のモンスターと色々サポートを共有出来ます。しかし、墓地に落としてもそれだけではアドバンテージを稼げずサポートを共有出来ている意味が薄いです。また、リリスやアフリマは横にリリース要員が用意できて始めて実アドを獲得できるので、今までの闇テーマとはまた別の感じになると思います。

既存カードとの相性

真っ先にあげられるのがインフェルノイドです。ノイドモンスターが全て「モンスターをリリース」して発動する効果を持っているからです。今まで主に除去や戦闘時にエスケープとして使っていたこれらの効果は、ディストピアが出てから強力な除去へと変わりました。例えばヴァエルで考えると、

1.攻撃 2.自身効果 3.リリースして効果発動

4.相手ターンにリリースして効果発動

と最大4体の除去が可能になり、しかも2.3.4は対象をとらない除去になります。

また、前期にノイドの先攻展開で使用されたトーチゴーレムもディストピアがあれば、闇.魔.悪ウイルスの媒体になるので比較的相性がいいと思います。ただ個人的にFWDが禁止になってほしいのでそうなるとトーチはかなり使いにくくなると思います。

 

基本的にリリースコストを要求するカードは発動するだけでアド損をしているので強力な効果を有していることが多いです。しかしディストピアがあるとリリース要員を相手から調達することが出来るので実質アドを取りながら強力なカードを使うことが出来ます。エネミーコントローラーやモンスターゲートは除去+αのカードとなり後手では非常に強力な捲り札になると思います。

 

他には、植物も相性がいいと思います。ロンファやジャスミンの効果がディストピアトークン生成の起動になります。ただ今期大暴れした植物をKONAMIが許すかどうか疑問点があります。

 

【サンプルレシピ/40ノイド】
インフェルノイド・アスタロス
インフェルノイド・デカトロン×3
インフェルノイド・ネヘモス
インフェルノイド・ベルゼブル×2
インフェルノイド・ベルフェゴル
インフェルノイド・リリス
インフェルノイド・ルキフグス
インフェルノイド・ヴァエル

インフェルノイド・アドラメレク

悪王アフリマ×3

悪魔嬢リリス×3

闇黒の魔王ディアボロ
テラ・フォーミング

闇黒世界-シャドウディストピア3
無の煉獄×3
煉獄の消華×3
煉獄の虚夢×2
煉獄の狂宴×3

↑で34枚なので

自由枠6枚になると思います。

FWD禁止、ハリファイバー制限を想定して構築しています。FWDが死なないなら剛鬼とかABCの方が強そうなので…

 

先攻でディストピア饗宴を目指して動き、リリス.ネヘモス.ベルフェゴルで3妨害を用意します。そのため

ディストピアを7枚(ディストピア.テラフォ.アフリマ)、

饗宴を9枚(饗宴.消華.リリス)

体制にして成立可能性を高めています。

無の煉獄はリリスで饗宴にアクセスした場合、発動可能性を高める目的で入れてます。死徒とかでもいいかと思います。

ノイドの枚数も前期自分が使った枚数のままなのでこれから洗練させていかないといけません。

 

最後に

今回の新規を考えていて思ったことは、

「強力だけど時代遅れ」

です。新規同士は噛み合っていて強力な効果を持っています。ただ、2018/01環境においては少ない手札から膨大なアドバンテージを獲得出来るため、多少のハンデスでは心もとないです。しかし出張可能なギミックでもあり、福音.恐竜と2年連続でこの時期に出たストラクRのカードが環境トップとなっているので4月以降の規制や新規テーマによっては世界を取ってるかもしれません。

 

一緒に考えてくれた

ぽんこつさん(@the_rock_fields)

SINOBUさん(@matiasu0120)

ありがとうございます。

ぽんぽんはそろそろ幼女で致すのやめた方がいいよ…

 

最後に質問等あれば気軽にTwitter(@gravkeeper)までお願いします。

3.4月は忙しいので次は多分5/6の足立になるかなと思います。福岡で店舗取れたら取ろうかなぐらいですね…

それではまた

リンクヴレインズパック後の彼岸

 モッフルです。11/25にリンクヴレインズパックが発売されます。既存テーマのリンクモンスターを新規収録するパックで、彼岸新規としては「彼岸の黒天使 ケルビーニ」が収録されます。

f:id:gravkeeper:20171118013055j:image

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/天使族/攻 500
【リンクマーカー:↙/↘】
レベル3モンスター2体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先のモンスターは効果では破壊されない。
(2):フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドのカード1枚を墓地へ送る事ができる。
(3):デッキからレベル3モンスター1体を墓地へ送り、フィールドの「彼岸」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのそれぞれの数値分アップする。


このカードの長所は
・破壊耐性
・(3)の☆3限定のおろかな埋葬
短所は
・打点
・「彼岸の旅人 ダンテ」をリンク素材に出来ないだと思います。
 ただし裁定次第では「ケルビーニ」に守備力がないので自身に(3)が使えないかもしれません。しかし、この後では「ケルビーニ」は自分自身に(3)を使える前提で話をします。
(3)のお陰で「ケルビーニ」が出来ることはかなりあります。有名なところで言えば
・「ダンディライオン」を落として「アロマセラフィー ジャスミン」に繋ぐ。
・「彼岸の悪鬼 グラバースニッチ」を落として「彼岸の悪鬼 ラビキャント」をssし「クリストロン ハリファイバー」へと繋ぐ。などと多種多様に存在します。
全て上げていたらキリが無いので、早速サンプルレシピを使用した具体例へと移りたいと思います。
サンプルレシピ

f:id:gravkeeper:20171118013107j:image

今までの構築からハロウハウンド&善悪が抜けオフリスダーリン簡易を採用しました。これにより新たな展開パターンが出来るようになりました。


展開パターン
既存のルートも書きたいと思います。
 1. グラバ(魔サイ)+(ガトル.グラバ以外の)彼岸
グラバns彼岸Ass 二体素材にダンテssダンテef コストグラバ グラバefガトルss ガトルとダンテでコードトーカーss ガトル.ダンテef ダンテss 彼岸回収 ベアトss

結果 コードベアト
既存のコードベアトのルートです。ベアトの素材が1枚という欠点はありますが、少ない枚数でベアトを組め、次ターンにデコードやヴァレルロードを作り8000削れるのが利点です。


 2. 魔サイ+簡易
魔サイns簡易efアンデッドウォーリアーss魔サイとアンデッドウォーリアーでダンテss ダンテefコスト魔サイ魔サイefグラバ落としてガトルss 残りは1と同じように

結果 コードベアト
既存カードでのルートですが、今回、簡易を採用したため可能となったルートです。他にもガイド1枚でコードベアトなどコードベアトへのルートは多数あります。要するに、「ガトル未使用でグラバ素材のダンテ」もしくは「ガトル未使用でガトル+ダンテ」が成立すればコードベアトに到達します。


 3. オフリス+コスト
オフリスns オフリスefダーリンss ダーリンef簡易サーチ オフリスダーリンでケルビーニss 簡易ef
ルート1 ミレニアムアイズサクリファイズss ケルビーニでスカラ落とし
結果 ケルビーニミレニアム 1枚サーチ


ルート2 アンデッドウォーリアーss ケルビーニef グラバー落としガトルss ガトルとアンデッドウォーリアーでダンテss ダンテefコストアンデッドウォーリアー ダンテとケルビーニでデコードss ダンテ.ガトルefダンテss 彼岸回収 ベアトss
結果 デコードベアト


 ルート1は若干盤面が寂しく見えますが、サクリファイズ系とケルビーニの(2)の効果が相性よく、破壊耐性を無視して相手モンスターを除去出来ます。また次ターンにモンスターによる妨害を1回ケアしつつ展開をすることが出来ます。
 ルート2は後続確保がダンテのサルベージだけになりますが、高打点モンスターが並び、かつヴァレルロードへのアクセスが容易なLink3モンスターを残しておけます。トーチ展開に対してデコードトーカーが強く当たれるのもいいとを思います。


 4. オフリス+コスト+(グラバガトル以外の)彼岸
オフリスnsオフリスefダーリンssダーリンef簡易サーチオフリス.ダーリンでケルビーニssケルビーニefグラバー落としガトルss簡易efアンデッドウォーリアーssガトルとアンデッドウォーリアーでダンテssダンテefコストアンデッドウォーリアー (手札の)彼岸Ass 彼岸Aとダンテでプロキシーss ガトル.ダンテef ダンテss彼岸B回収 ベアトss
結果 ケルビーニプロキシーベアト
スタンバイにベアトefでダンテssするとトーチケアしつつ強固な盤面が作れます。オフリス+コストのルートにするかは後ろや相手を考えて決めます。こっちは破壊耐性が強いですが妨害が少ないです。スキルドレインよりブレイクスルースキルの方がいいかもしれません。

 

 展開の具体例について書きました。彼岸のリンクはダンテ+ガトルでアドを回復しつつリンクしてベアトに繋ぐのが基本だと思います。なのでケルビーニはコードトーカーに比べて出しにくいというのが率直な感想です。また、魔サイ.ガイドはリンクモンスターの横に展開出来るモンスターでLink数上げやランク3に繋がるので、次ターンでの攻めの起点となります。なので出来る限り確保しつつゲームを進めたいです。初ターン以外では、基本的に彼岸×2でランク3を組むタイミングは無いと思います。

 展開方法について書いてきましたが、新パック発売後の彼岸の環境における立ち位置について、自分自身の環境予想を交えながら書きたいと思います。セキュリティドラゴン登場以後、トーチ展開が環境を席巻してます。先攻だとマリガン、後攻だとワンキルという果てしないパワーを持つトーチゴーレムを上手に組み込めたデッキが上位にいるイメージを持ってます。具体的に言うとトップの「スパイラル」を「40ノイド」「恐竜セフィラ」「魔術師」が追いかけまた、「インゼクター」「海皇水精鱗」が強力な新規をもらい、上位を狙っている状況です。「彼岸」はセキュリティドラゴンリリース前、妨害方法の自由さを武器に「スパイラル」にメタを張り、時々csなどで結果を出してきました。しかし、
・環境上位に様々なテーマが出たことによるメタの分散、
・不利な「インフェルノイド」の台頭、
・他デッキによる「彼岸」メタ
により、今後も苦戦を強いられる可能性が高いです。元々、「彼岸」は1強環境で力を発揮する地雷的なテーマだと思っているため、今期使用するのは怪しいです。
 最後までお付き合いいただきありがとうございます。読みにくい、分かりにくいところも多々あると思います。何かあればTwitter (モッフル (@gravkeeper) | Twitter)まで気軽に質問してください。それではまた〜

2017.10月制限の彼岸

 お久しぶりです。モッフルです。約1月ぶりの更新だと思います。

 今回、自分はCSに出てないのですが知り合いのあまよるさん (@amayoru_0520)が半年ぶりにcsに出るけど何も分からないから構築の概形とプランが欲しいということで、彼岸の構築とプランを託したところ見事ベスト8に入賞したのでその事について書きたいと思います。

 渡した構築から数枚調整して出場しているのと自分がスパイラルについてまだ勉強中ということがあるので、細部まで細かくと言うよりも大まかな流れとゲームプランの概論について書くつもりです。

 駄文ですが、最後までお付き合いしていただけると幸いです。カードの効果については基本的に既知という立場で書かせていただきます。

 

 ホビ南越谷CS 個人戦

レシピ


f:id:gravkeeper:20170918161852j:image

メインデッキ:40枚
EXデッキ :15枚
サイドデッキ:15枚

【モンスター】23
彼岸の悪鬼 ハロウハウンド ×3
彼岸の悪鬼 グラバースニッチ ×3
彼岸の悪鬼 ファーファレル ×3
彼岸の悪鬼 アリキーノ ×1
彼岸の悪鬼 ガトルホッグ ×3
彼岸の悪鬼 バルバリッチャ ×1
彼岸の悪鬼 スカラマリオン ×3
魔界発現世行きデスガイド ×1
魔サイの戦士 ×1
彼岸の悪鬼 ラビキャント ×1
怪粉壊獣ガダーラ ×2
海亀壊獣ガメシエル ×1
【魔法】5
善悪の彼岸 ×1
おろかな埋葬 ×1
妨げられた壊獣の眠り ×1
貪欲な壺 ×1
強欲で貪欲な壺 ×1
【罠】12
御前試合 ×3
激流葬 ×3
キルドレイン ×3
聖なるバリア-ミラーフォース- ×3
【エクストラ】15
M・HERO ダーク・ロウ ×1
彼岸の巡礼者 ダンテ ×2
彼岸の詩人 ウェルギリウス ×1
彼岸の旅人 ダンテ ×1
No.47 ナイトメア・シャーク ×1
DDD磐石王ダリウス ×1
幻影騎士団ブレイクソード ×1
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム ×1
No.49 秘鳥フォーチュンチュン ×1
永遠の淑女 ベアトリーチェ ×3
迅雷の騎士ガイアドラグーン ×1
デコード・トーカー ×1

【サイドデッキ】 15
浮幽さくら ×3
威光魔人 ×2
大欲な壺 ×2
ブラック・ホール ×2
拮抗勝負 ×3
異次元グランド ×2
SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス ×1

 

戦績

スパイラル✖︎◯✖︎
ヒーロー ◯◯
スパイラル◯◯
魔弾◯◯
スパイラル◯◯
スパイラル✖︎✖︎

 

 彼岸と壊獣のシナジーから見ていきたいと思います。ガダーラの2700打点は融合ダンテを能動的に出すのに非常に都合がいい打点です。ベアトef妨げ落とし、ガダーラサーチしてss、ベアト自爆から融合ダンテをss、融合ダンテで攻撃と一連の流れが出来ています。融合ダンテは強力な耐性と2800打点、デッキを回す効果と非常に強力なモンスターです。ベアトで相手を妨害し壊獣で前を退かして融合ダンテでデッキ回しながらテンポを取る、やや遅めなビートダウンプランを取りました。

 このプランを取る上で一番大切なことは「いかにベアトリーチェを確実に立てるか」ということです。今期はスパイラルのせいで多種多様な手札誘発が存在します。それらの誘発をくぐり抜けベアトを立てることを考えたとき、一番確実なのは彼岸3枚で立てることです。この方法だと引っ掛かるのは増殖するG程度で灰流うららすらかわせます。そのため引きたい初手は「彼岸3種+妨害2枚」であり、これを目指す都合彼岸の総数が多くなります。コードトーカーを使ったより少ない枚数でベアトを立てるルートもありますが、ガイドや魔サイで誘発を踏む可能性を考えるとよりローリスクな方を選択するべきでしょう。

 罠の選択は逆にハイリターンなものを中心に選択しました。基準は2つ「全体除去」「後手も使えるか」。モンスター全体除去はHEROに対しても強く撃つことができ、彼岸の効果のお陰で他デッキに比べてデメリットが少なくてすみます。

 どうにかしてスパイラルの先攻展開の前を退かさないと勝負にならないため、メインに多少の捲り札が必要だと考えます。しかし、せっかく先攻を取れたのに捲り札ばかり初手に来て弱い場で返した結果、後攻に簡単に踏み越えられてワンキルされては意味がありません。なので、多数と交換できる罠がベストだと思います。

 先攻ではグラバ、スカラ、ハロウを絡ませるように確実にベアトへアクセスするのがベストです。ハロウは善悪を落とすことで後続を確保することが出来ます。善悪はMm環境時にみらーふぉーすさんが言ってました様に「アドの貯金」が出来るため、先攻ベアト+妨害2枚でテンポを取れたら真っ先に墓地に落としたいカードになります。掴んだテンポを取られそうになった時に「貯金」を崩して相手への反攻へ向かうからです。自分は出来ればスカラを相手ターンに落とし、サーチしたモンスターを利用して次のターンに攻めにいきたいので、「1ターン目にスカラ素材のベアトを作り善悪を墓地に送る。相手ターンにスカラを切って妨害。」という動きを目指していきたいです。

 最後に今回感じた課題と今期使うかもしれないプレイングについて少し話をしようと思います。まずはサイドデッキの弱さについてです。


f:id:gravkeeper:20170918190649j:image

 あまよるさんもツイートしてますが一番下の6枚が弱くて話になりませんでした。異次元グランドは対スパイラルの次元障壁みたいな形で使えると思いました。大欲な壺はスパイラルのD.Dクロウ、ABC相手に使おうと考えていました。威光魔人は先攻で立てテンポを取るつもりでしたが打点が低いかつ彼岸の効果も使えないので弱いです。

 サイドの弱さの原因としてはスパイラルについてほぼ無知な自分と調整環境がほとんど無かったあまよるさんの二人で相談して決めたからでしょう。やっぱり調整は必要です。

 相手のリゾートを割るカードは必要だと感じました。しかし、後ろを割るカードを使うタイミングが、初動のフィールドを割る.エンドサイク.ぐらいしか思いつかないので安易にシャドールドラゴンを入れたくはありません。シャドールドラゴンは今期の彼岸のプランにおいて手札事故の要因に十分あり得るからです

 マスタールール3での彼岸はベアトからの2キルなどランク3連打でライフを一気に削れたので露払いという意味でのドラゴンが重要でした。また、EMや帝などの割らなくては即負けに繋がる相手がいたこともあり個人的には強いというより入れざるを得ないカードという認識で、出来れば抜きたかったです。マスタールール4では、ベアトを立てた後テンポを取りつつビートダウンするためある程度長期戦になる想定をしなければいけません。長期戦になればなるほどドラゴンが手札に来る確率は上がります。早い段階でドラゴンを使えれば問題ないのですが、ファーファと異なりドラゴンは相手に依存することが多いので使うタイミングの想定が難しいことがあります。また、リゾート2枚目や盆、テラフォ、エンフェの裏目があるので個人的にはタックルセイダーを使ってみたいです。

 他には、ヴェルギリウスを正規召喚する余裕が無かったのでラビキャントよりもハックルスパー(盆回しケア)を優先した方が良かった、自分先の時の魔封じを試したかったなどがあります。

 罠のお陰でHEROに対してはかなり強く当たれると思いますが、やはりダークロウが脅威です。自分捲りで相手がダークロウを出してくる可能性がある時は、ダンテは縦に出してはダメなのだけ気にしてプレイするべきだと思います。

 

 読みにくい文章でしたが、最後までお付き合いいただきありがとうございます。海外版NECH発売から彼岸を使ってきましたが、始めて文章で纏めることになって、今まで自分が感覚的にしてきたことを言語化することで改めて認識できました。

 2017.10月制限は

圧倒的先攻展開のスパイラル

少ない手札で強力なシステムモンスターを出せるHERO

の2強とみんなが言っていた中で彼岸を握ってくれたあまよるさんには本当に感謝です。

 最後になりますが、彼岸のプレイングについてもっと知りたい人は是非自分がファボ&RTしている韓国の彼岸の翻訳記事を読んでみてください。恐竜環境での彼岸の記事ですが、かなりためになり、自分もそこから勉強して今回の構築になりました。

 質問などあれば気軽にTwitter @gravkeeper または@amayoru_0520 までどうぞ。

魔弾

 8/11発売の魔弾でcsに出たので、魔弾について書きたいと思います。魔弾カードの効果については知っている前提で書きます。

8/13 天神cs B卓

同胞魔弾 ○×○ 後

HERO ○○ 先

魔導召喚WW真竜○×× 後

同胞魔弾○×○ 後

召喚真竜×× 先

個人チーム3-2でオポ足りなくて予選落ちでした。

 

構築

f:id:gravkeeper:20170814155648j:image

f:id:gravkeeper:20170814155651j:image

メイン41枚 エクストラで使ったのは虫.ガイドラ.リンクリボーでした。

 魔弾モンスターについて

基本的にボード.手札アドを得れるのは、スター.カスパール.ザキッドなのでそれらを中心に選択します。今回、同胞の絆を採用したのでそのトリガーにもなれるドクトルも採用。カラミティーとワイルドは自身+同胞を引いてもスターにしかならないところが嫌で不採用。スター自身は妨害を用意出来ないので、妨害力は低いです。一方ドクトル+同胞だと妨害が1枚でもあればループ(後述)に入るので継続的な妨害が可能になる。

 グラットン

魔弾が処理に困るモンスターを処理し、メインツーにリンクリボーになります。具体的には、中級真竜.魔法罠マスター.コキュートス.(九支使用後の)竜星.コンダクターなどを想定しました。

 強欲で貪欲な壺

このテーマのコンセプトが、「多種類の魔弾モンスターを横に広げ、様々な弾を発動しながらアドバンテージを得るコントロール寄りのミッドレンジ」だと思いました。このコンセプト下では魔弾カードは何枚というより何種類にアクセス出来ているかが重要だと思いました。要するに、「1枚手札にあれば残り2枚は裏側除外になっていても構わない」ということです。そう考えると最もアドバンテージが取れ、多くの魔弾カードにアクセス出来るカードとして強欲で貪欲な壺を採用しました。おそらく1番強い先攻の動きは、スターns.強貪ef.カスパールss.同胞ef.カスパールefだと思いました。

 ちなみに、TLなどで見かけた構築に多く入っていた成金ゴブリンは、他のギミックを入れないと1000ライフ回復させるのが辛く調整段階で抜けました。ドローソースを入れるとしたら強欲で謙虚な壺の方がいいと感じました。

 魔弾魔法罠

強貪で飛んで無くなるのが怖いため最低採用枚数を2枚に設定、恐竜.真竜に撃ちやすいデスペラードとドミネーターを3枚にしました。最初にしていたダンシングニードルを3にしてサイド後確実に抜くプランの方が綺麗にサイチェン出来ましたが、魔弾モンスターが来る確率が下がるのが嫌で今の41枚になりました。

 注意点は、ミラーでのデスペラードの信用度がかなり低い.カウンターは発動無効になったらもう一度発動可能.真竜相手とミラーにはデビルズディールが必須.ダンシングニードルは先攻.ミラー.召喚.恐竜.ABCに有効 ぐらいだと思います。

 エクストラの選択

ランク3を中心に裏側破壊.システムモンスターの除去が出来るカードを選びました。リンクリボーロストワールドケアのために必須です。

 サイド

サイチェンプランはあまり考えずに、有効なカードを入れメインの不要なカードとの柔軟な入れ替えを目指しました。以下にサイドカードと想定する相手を書きます。

 ロンギヌス ABC.恐竜.召喚獣

 ガメシエル 後手全般

 うさぎ 削り.メタル.ミラー

 アンデワールド 恐竜.ABC.削り

 羽根 後手全般.削り

 神 先全般

 蘇生 後手全般.ミラー

灰流うららは不採用にしました。手札を1枚失って効果無効にしてテンポアドを得るより相手の展開を捲りにいく方が向いていると考えたからです。オヴィラプターを越えるのですら1枚で出来ない魔弾にとって、うらら撃った後の7割の展開でもうららを撃ってない10割の展開でも返す労力が変わらないなら手札を失わない方がいいと感じました。

うさぎは前を退かし、ロンギヌスは魔弾では越えられないカードを出させないのでまた話が変わります。

 捲りやキル能力を高めるために簡易融合を入れるべきだったと思いました。サウサク.アンデッドウォーリアー.レアフィッシュ.ライディーン.パンツァーあたりが候補になります。

 

 プレイング、弱点、注意点

 前述のループについて

場にカスパール、ドクトル 手札に魔弾魔法罠A

カスパールの下で魔法罠A発動 Bサーチ

ドクトルの下でB発動A回収

Bにアクセスしつつ実質ノーコストで2回妨害します。

 魔弾はテキストが難しく、ややこしい裁定も存在します。

ミラーで重要なのをいくつか。

ドクトルは回収時に対象を取らないです。カラミティ.ワイルドは対象取ります。

魔弾魔法罠は発動を無効にされると同じターンにもう一度発動出来ます。

同列で自分と相手が同一チェーン上で異なる魔法罠を発動した場合どちらの発動をトリガーにするかによって魔弾モンスターの制約が変わります。

 弱点(というか負け筋)

大きく分けて2つあります。

まず1つ目は魔弾では処理できないモンスターにビートされること。現環境だと恐竜.コズモ.召喚獣.(魔法罠リリースの)マスターPに対してこの負け方をすると思います。

2つ目は、魔弾カードの効果を使えず、アドを獲得できなかったり妨害出来ずに負けることです。具体的には、モンスターを除去され魔法罠を発動出来ない。魔法罠を発動無効にされてモンスターの効果を使えない。魔法罠にチェーンしてモンスターを除去されてモンスター効果を使えない。の3種類があります。特に伏せ破壊の無い魔弾にとって召喚無効はかなりの脅威です。

 

 最後までお付き合いいただきありがとうございます。飛行機の中の暇つぶしで書いた文章なので、かなり読みにくい文章になったと思います。ある程度のポテンシャルはあるけど今使うのはかなり怪しいデッキだと思います。原案や調整を手伝ってくれたシンヤくん @shinya_yp 本当にありがとうございます。

 何か質問等あればツイッター @gravkeeperまで気軽にどうぞ。

恐竜真竜皇

 

2/25に恐竜ストラクが発売され、十二獣を使わないデッキを探してた めぐ( @mgsora1115 )さんにプラン、叩き台を渡してcsに出てもらったのでそれについて書きたいと思います。

二番煎じの様な中身であり、誤字、改行ミスとかで読みにくい部分があると思いますが、最後までお付き合いいただけると幸いです。

 

構築

f:id:gravkeeper:20170226222124j:image

f:id:gravkeeper:20170226222139j:image

採用理由と簡単な使用方法について

オヴィラプター
f:id:gravkeeper:20170227003751j:image

ターン1の恐竜版エアーマンor終末の騎士と場のレベル4以下の恐竜割って墓地の恐竜を蘇生する効果を持ってます。

基本的にはデッキの中の恐竜へのアクセスと、場のベビケラなどを割って展開に繋ぐ役目をします。

かなり強そうなことが書いてあるのですが、オヴィラプター1枚だけだと出来ることがかなり限られると思います。このくらい調整してからカードは刷って欲しいです。

究極伝導恐獣
f:id:gravkeeper:20170227003742j:image

自分の手札か場のモンスターを破壊して相手場のモンスターを裏守備、相手のモンスター全てに殴れる、カタストルのタイミングで守備を破壊して1000バーン、といった3つの効果を持ってます。

耐性は無いですが、ラムや3250マスターpを確実に退かせられる、相手ターンに相手モンスターを裏守備に出来るといった強力な効果を持ってます。

先出しすれば怪獣で退かされてもオヴィラプターで蘇生できるのも強いです。

ミセラサウルス
f:id:gravkeeper:20170227003734j:image

自分、相手メインに手札から墓地に送ってそのメインの間、自分の刃の恐竜が相手の効果を受けなくなる効果、墓地の自身を含む恐竜を好きなだけ除外し除外した数と同じレベルの恐竜をリクルートする効果を持ってます。

ダメージジャグラー並みに噛み合う2つの効果を持ち、二つ目の効果でオヴィラプターなどの後続やアウロなどの展開要員を用意できます。

ベビケラザウルス

効果で破壊されたとき、強制でレベル4以下の恐竜をリクルートします。

いかにこのカードを割るかが重要になりますが、強制効果なのでGのケアだけはしっかりしましょう。

ジュラック

1.3チューナーです。基本的にはベビケラかミセラから持ってきます。

2+2+1.4+1.2+3.2+3+4.4+4+1.9+1.7+3でシンクロします。

真竜

ベビケラを割って展開したいためリトスアジムを3、ドラDリトスアジムと持っているときに展開要員として手札に持ってきたいバハルストスを1採用してます。

アグニマズドの方がいいときは今のところありませんでしたが、多分素引きを考えるとアグニマズドの方がいいと思います。

 

基本的な展開

ドラゴニックD+オヴィラプター

オヴィnsベビケラAサーチ、D発動ベビケラA割ってリトスサーチ、ベビケラAefベビケラBss、オヴィefベビケラB割ってベビケラAss、ベビケラBefベビケラCss、リトスefベビケラB.Cわってss、ベビケラB.C効果でジュラックアウロ、ミセラサウルスAss、アウロとミセラAでボウテンコウss、ボウテンコウefバハル落としてレベル9、ボウテンコウとリトスでビーストss、墓地のミセラAefミセラBss、ビーストef水宣言、オヴィとミセラBでバハシャss、バハシャef餅ss

最終盤面、D.ビースト(ボウテンコウ)バハシャ(オヴィ)餅(無し) 手札3枚

基本的なランク9+ランク4の展開になります。

ランク4ではなくトリシューラからハンデスなど色々応用が効くルートです。盤面で8100削れるため、次のターンにキルを狙いに行けます。

 

ベビケラ+ミセラサウルス

ミセラef、ベビケラns、ミセラefでアウロss、アウロとベビケラでゴヨウガーディアンAss、ゴヨウAefでゴヨウB.Css、ゴヨウA.Bでリヴァイエールss、リヴァイefミセラss、リヴァイとゴヨウCでヌトスss、ヌトスとミセラでランク4ss

最終盤面、ヌトス持ちランク4、手札3枚

真竜が絡まない展開ルートです。出すランク4はデッキを掘るエメラルか、フリチェ破壊の深淵辺りになると思います。

 

欠点、改良点

まず、誘発は全て踏みます。クロウ、カオハンまで刺さります。ベビケラが強制なので、リトス発動前にミセラなどでGを見ることは必須です。

加えて、ベビケラミセラの効果で展開するので深淵に行動をかなり制限されます。出されて1ターン止められるとかなりキツくなるはずです。

さらに、今期は前を退かす手段が豊富なので、ビーストのコスパがかなり悪いと思います。ミドラのような破壊耐性ss制限が無いので、妨げで退かされたりドランシア構えられてターンが返ってくるのが普通にあります。

また、この構築でいうと、妨害札のピックを間違えたと思います。「Gが辛いのでうららを、ティラノがいるのでダストフォースを」といったピックをしましたが、「Gで止められた時に後ろが無い、フォースは一回見せるとケアされる」といったことがありました。次使うときは、激流などの後手で引いてもしっかり前を退かせる罠を使うと思います。

 

先でも強い展開ができ、後でもキル能力が高いモンスターがいるので強いデッキだと思いました。ただ、ドランシアと誘発9枚構築が厳しく、またルールでゴヨウバハシャが消されてしまうのでタイミングがかなり悪いと感じます。

 しかし、恐竜の効果の噛み合いは悪くなく先出しに強いラギア.ドルカがおり、メインデッキに攻め手となモンスターがいるので構築を変えれば、来期も使えると思います。

 

最後に、私事になるのですが4月から進学で福岡に行くので、向こうで遊戯王をやることになった場合は是非よろしくお願いします。

何かありましたらツイッター( @gravkeeper )までお願いします。

ここまで長い間お付き合いいただき、ありがとうございました。